あしかがフラワーパーク

posted in: 日本語 | 0

インドネシアに戻る数日前に、日本人の友人が私に空いてる時間がないかと聞いてきました。私が本当に花好きだと知っていた彼は、栃木県は足利にある有名な花畑に連れて行こうとしていてくれたのです。秋の花を見てみたかったので、もちろん行くと即答しました。新宿駅で待ち合わせを。日本人の友人より早くついたので、近くの喫茶店で彼を待っていました。彼は朝食を食べていなかったようなので、そこでケーキとサンドイッチを買いました。コーヒーと食べ物が紙袋に入っているはずでした。電車を待っている間、彼がサンドイッチを食べようとすると、紙袋にサンドイッチがなく、私のケーキだけしかありませんでした。お金払ったのに、店員がサンドイッチを入れるのを忘れていたのです。 :(もうすぐ発射の時間が迫り、喫茶店に戻ったら電車に遅れてしまいそうだったので、もう二度とカフェに行かないことにしました。日本人は普段からとてもミスをしないように気を付けているイメージだったので、びっくりしました。 途中で新幹線に乗り換えることになっています。乗り換え駅に到着後、新幹線のりばを探しました。しかし、いつまでたっても見つかりません。ええと、私の友人と私はどちらも方向音痴なので迷子になりました。^^ ’ようやくホームが見つかったその瞬間、新幹線は動き出しました!時刻表を見たとき、私たちはまた1時間待たなければなりませんでした。 :(まだ時間があったので、おなかが減っていたので私たちは次の新幹線で食べる用に弁当を買うことにしました。 ようやく新幹線に乗ることができました。座って楽にした後、お腹がすいた私たちはお弁当を食べることにしました。お弁当を開けると、なんとお箸が入っていません!お弁当の中にもビニール袋中にも、橋の姿がありませんでした。ああ、私はお腹がとても空いていたのに!私の友人は私を何とか落ち着かせました。「次の乗り継ぎ駅や足利駅でお箸をコンビニで買えばいいさ。」 やっと次の駅につきました。しかし、箸は見つかりません。足利駅に着いてもコンビニはありませんでした。足利フラワーパークまで歩けばあるかもしれない。土産物屋を通って園内に入ろうとします。友達に「土産物店員に橋があるか聞いてきてくるから、待っといて」と言われました。残念ながら、箸はここにもないようです。ないよりはましということで、藤柄のスプーンとフォークを合わせて合計400円前後で買いました。 お弁当をもう一度開いて蓋の裏側を覗くと・・・私たちは思わず顔を見合わせました!お箸は最初からあったのか!!!!箸が蓋の後ろについていたのに気づかなかっただけです。 うう、泣きたいいい!!旅の途中で私はとてもお腹がすいていたので、スプーンとフォークを買うためにお金を使いました。それから、私たち二人は箸がお弁当の後ろにあることに気づきました!箸はお弁当とは別に、または直接お弁当の中に入れてあるものと思っていたので、おかしなことに気づくことが出来ませんでした。人はおなかがすくと、つい感情的になります。 ^ ‘ 土産物店で入園チケットを購入した後、公園に入りました。どうやら…花はもう咲いていないようです。 ^^ ‘確かに、秋は花の季節ではありませんでした。実は秋の目玉はイルミネーションだったからです。歩き回ったところ、残りの花はバラ、メキシコのブッシュセージ、そして名も分からない既に枯れた花しか残っていませんでした。秋から冬への季節の移り変わりの時期で、花が枯れてしまったからでしょう。公園はとても静かで公園には人っ子一人しませんでした。若者である私たちと、時々おじいちゃんおばあちゃんが来ていました。 確かに、あしかがフラワーパークは藤の花で春(4月中旬から5月中旬)は美しく染まることで有名ですが、秋から冬への移り変わりの時期には・・・。 春の間、このトンネルは藤の花で満たされます なんていうのか分からなかったけど、可愛いです^^ 夜はイルミネーションがあります 美しいバラ 美しいバラ 園内を歩き回ったあと、11月にはそこまで多くの花が咲いていないことに気づきました。花が囲むように植えられているカフェで休憩をとることにしました。そこには二人のおばあちゃんしかいませんでした。 私たちはホットチョコレートとチーズケーキを頼みました。どこか、カフェの雰囲気はまるでイギリス貴族の朝食のようでした。そこで私たちはイギリス人の英語を真似して遊びました。(笑)楽しすぎ(笑) Photo 6. Warm chocolate in a beautiful wisteria cup <3 Photo 7. Annisa version of warm chocolate and … Continued

河口湖と富士山

posted in: 日本語 | 0

紅葉は見ても見ても飽きませんでした。秋は春と同じくらい好きな季節で、紅葉狩りをしていつも写真を撮りたいと思っていました。 ^^私は紅葉好きだと知っていた日本人の友人から、河口湖や富士山にはもう行ったことがあるか聞かれました。富士山麓は11月末に紅葉には絶好の時期を迎えます。河口湖に行ったことのない私はちょうど行きたかったのでした。日本で休暇を過ごしたインドネシア人の友人は河口湖に行っていたのを思い出しました。時間を決めて、河口湖と富士山に行くことにしました。 新宿駅のバスターミナルからバスで河口湖まで行ってきました。友人によれば、河口湖へはバスで行くのが電車で行くより経済的です。 ついに河口湖バス停に到着し、そこから河口湖まで歩いて向かいました。幸いなことに青空の下で、色鮮やかな紅葉がとても美しく見えました。道中に見かけた紅葉と神社の鳥居の赤が、青い空を背景にとても美しく映えていました。 鳥居ともみじ 数分歩いてやっと河口湖に到着しました!赤や黄色、オレンジ、緑など、さまざまな色の木々が湖を取り囲むように生えているのが見えました。湖の水はとても澄んでいて、いくつかのアヒルのボートが水面に浮かんでいます。とても美しい。 <3見回すとツアーバスがたくさん来ていました。インドネシア人観光客もたくさん見かけました。 河口湖と紅葉 河口湖と紅葉 河口湖と紅葉 河口湖と紅葉 富士山をよく見るために、ロープウェイを使うことにしました。ロープウェイのチケットを購入したとき、行列は非常に長く伸び、何百人もの人が待っていました。 2時間近くかかる様子だったので、近くのレストランでひとまず昼食をとることにしました。河口湖の前のレストランを選び、河口湖で採れた魚料理を選びました。本当に美味しかったです。:9晴れていたのと、紅葉シーズンど真ん中だったのがたまたま重なって、そのレストランは観光客でごった返していました。幸いなことに、河口湖に面した窓の近くに眺めの良い場所がありました。 ^^ 河口湖の魚 昼食をとってロープウェイに戻ると、列はまだ非常に長く残っていることが分かりました。まだ時間がかかりそうだったので、とても広くてきれいな河口湖周辺を散策することにしました。周りを見渡すと、至る所にとても美しい紅葉が見えました。 紅葉 しばらく待ったあとようやくロープウェイに乗れました!ロープウェイが走りだすと、とてもきれいな紅葉の景色が一望できました。残念ながらロープウェイは人でいっぱいで、ちゃんと写真が撮れませんでした。しかし、人の目という最高のカメラを通して、驚くほど美しい周りの景色を記憶に焼き付けました。 <3 ロープウェイ周りの紅葉 丘にたどり着いて、富士山を眺めました。非常にはっきりと富士山を眺めることが出来ました。通常、電車の車窓からや、高所から眺める富士山はその頂上しか見えませんが、今回はその全貌をしっかりと見ることができました。 ^^ちょうど正午のため、太陽の日差しがまぶしく降り注ぎます。富士山を背景に写真を撮ろうとした友人に逆光が容赦なく差し込みます。^^ ‘暑かったので近くのカフェで抹茶アイスを買うことにしました。とてもおいしい。 :9 眩しい富士山 抹茶アイス 富士山を満足するまで眺めたあと、河口湖駅に戻り、そこから路線バスで西湖に向かおうとしたら、バスに乗り遅れてしまいました。バスは頻繁に来るわけではなかったので、結局河口湖に沈む夕陽と富士山を眺めて楽しむことにしました。背景としての富士も美しい。 ^^ 河口湖と富士山 河口湖の夕陽を見たあと、友人と一緒に近くの紅葉のイルミネーションを見に行くことにしました。しかしそこまでの道のりは遠く、私たちはバスに乗らなければなりませんでしたが、そのバスがまた非常に混んでいました。乗れなかった・・・ ^^ ‘とても時間がかかりそうだったのでもう次のバスを待つのはやめて、乗ってしまいました。次のバスがもっとすいているという保証はありませんでしたから。そのバスの中でひどい渋滞に巻き込まれました。週末だったのと晴天、それに紅葉シーズンだったので観光客はとても多かったです。日本ではめったに交通渋滞を見ませんでしたが。 ついに到着しました!遠くから見ると、渋滞に巻き込まれた車のきらめくライトと富士山が奇妙に映えていました。悪く見える状況でも、常に良い側面があるということが思い起こされます。 ^^夜間の交通渋滞を遠くから見ると、車のライトの列が非常に美しく見えたのでした。 富士山と車のライト 停留所から数分歩いたところ、道沿いの木にイルミネーションがかかっているのが見えました。ライトアップされた紅葉を見た後、東京行きのバスの出発時刻が迫っていたので帰宅することにしました。 紅葉イルミネーション 紅葉イルミネーション 今回の旅は非常に美しい景色に満ちていて楽しい旅でした。もちろん、愉快な旅のお供がいてこそです。^^次の旅では、願わくばもっともっと日本の絶景を楽しみたいと思います。 次 … Continued