きれいで平和な都市広島

posted in: 日本語 | 0

2009年12月6日 すでに冬でしたが、まだ秋の名残が残っていました。 道路沿いには、たくさんの黄色いイチョウの木と赤いもみじの木があります。 気温は寒かった! 広島のほうが京都や東京よりも寒かったです。先ほど晴海さんに聞いたところ、気温は4℃だったそうです! 「サムイデスネ」.. 京都から広島まで、新幹線を使いました。 新幹線での旅行はとても快適でした。 しかし、通り過ぎる新幹線には注意してください。 以前、広島への新幹線を待っている間に、通過した別の新幹線がありました… Whuuuus …すべてが吹き飛びそう! 本当に速かった! 広島では、リーガロイヤルホテルに泊まりました。 京都のプリンス大津ホテルはもっと豪華でした。 しかし…ここからの景色ははるかに良かった。 21階の部屋からは、広島市が一望できました。 日本人は実はイスラム教の教えの一つを実行しています。それはゲストを歓待することです。は私たちはあらゆる第一級の設備や施設が与えられました。 飛行機からホテルまで、すべてが最高級のものでした。 広島を見ると、1945年8月6日に原子爆弾によってこの都市が破壊されたことに気付かないでしょう。 今では街は本当に美しく、整然としています。 実際、オバマ大統領が最初の任期に日本を訪れたとき、彼が訪れたのは東京や京都ではなく、広島でした。 この日、平和記念公園と原爆ドームを訪れました。 これらの場所は両方とも、8月6日に投下された原爆を記念する場所です。 ツアーガイドの晴海さんが話をしていたとき、彼女は突然泣き出しました。 実際、この場所は日本人にとって非常に敏感な場所でした。 原子爆弾が米軍によって投下されたとき、数百万人が死亡し、放射線にさらされました。 翌年、次の5年、次の10年に死亡した人もいました。 原爆放射線にさらされた人々は、さまざまな種類の癌に苦しむ可能性がありました。背筋が凍る思いがしました。 最初に訪れたのは、原爆ドームでした。 被爆前、この場所はかつて広島のランドマークでした。 爆撃されたとき、すべての建物が破壊されました。 まだ立っていた唯一の建物はドームで、最終的には原爆ドームになりました。 距離は爆心地からわずか数メートルでした。 たぶん建物は相当に頑丈な構造でした。 そのため、爆撃されたときとまったく同じ姿かたちを保ち、フェンスのみが追加されたものです。 この場所に入ることもできませんでした。 まあ、原爆ドームが見えなければ、この場所がこれまでに爆撃されたことに気付かないでしょう。 日本は一生懸命に復興しました。 原爆ドームから、たくさんの折り鶴のある記念碑まで少し歩きました(記念碑の名前を忘れました^^ … Continued

京都ともみじ

posted in: 日本語 | 0

2009年12月5日 大津プリンスホテルで便利に寝た後、京都周辺を観光するつもりでした! 昨日遅くに到着しましたが、道沿いにイチョウの木を見ることができました。 すごくロマンチック。 コナン40巻を読んだことがありますか? イチョウが大好きなアガシャ教授の初恋についてです。 イチョウの葉、形、色も大好きです。なんとなくロマンチックな感じがします。^^ さて、後で私は落ちた葉の1つを取り、それをしおりにしました。すでに冬のシーズンが始まっていることになっていましたが、まだ秋の名残が残っていたので、紅葉を見ることができました。 雪はどこ? 京都ではまだ雪が降っていませんでした。 北海道や北部は11月からすでに雪が降っていると聞きました。 とにかく、秋が好きだったので、楽しかったです。 イチョウと紅葉にとても興味がありました。紅葉を見たことがありますが、確かにそれは本当に美しかった…キレイデスネ.. 京都では、全国でも有名なお寺を訪問しました。 京都は美しいお寺で有名です。 かつて徳川幕府が東京または江戸(東京の古名)に移した前は日本の首都だったからです。 日本の漫画を読んだとき、秋には京都への修学旅行がしばしばありました。 なぜなら今の季節、京都は美の頂点にあるからです。 その上、色鮮やかな葉は神殿とよくマッチして見えました。 私が最初に訪れたお寺は金閣寺(六音寺)と呼ばれる仏教寺院でした。 そこは雨が降っていました。 とても寒かった。 たぶんそれは寒い温度と相まってのことでしょう。 それでも、この寺院の美しさを損なうことはありませんでした。 この寺院は、その金色のため、金閣寺とも呼ばれていました。 この寺院は美しく見え、きれいな池に囲まれていました。 道路沿いには、もみじの葉がたくさん落ちていました。 神殿には幸運の儀式の場所がありました。 庭にはコインのボウルがありました。 ですから、コインを投げて入れたら、すべてで成功すると言われています。 ああそうそう、みゆきさんに会いました! みゆきさんはインドネシア語を話せるボランティアでした。 英語で彼女に尋ねたとき、彼女は答えられなかったけど、インドネシアの“バハサ”を使ったとき、彼女は理解できました。 残念ながら、彼女は私のバスCM 10にはいませんでした。彼女はCM 13バスにいました。 出口の近くで、和菓子を売っている小さなお店を見つけました。 ここで、私は茶道のイベントを開催している日本の伝統的な家を見つけました。 お寺を訪れた日本人学生にも会いました。 金閣寺から嵐山に向かい、そこで昼食をとりました。 … Continued

パサールと呼ばれる日本のスーパーマーケット

posted in: 日本語 | 0

2009年12月4日 シャワーを浴びて荷物をまとめた後、私は一階に直行しました。 荷物は京都の次のホテルに送られる予定でした。 正方形の部屋に入る前に、昨日と同じデバイスを使用して、体温を耳にテープで留めてチェックしました。 私の体温をチェックしたのはマルちゃんでした。 実際、彼の名前はマークで、ドイツ国籍の日本人ボランティアです。 彼が私の耳に入れようとしたとき、私はヒジャーブを使っていたので、彼は困ってしまった。 私は自分でそれを使うからいいと言いました。 うわー、34,5°Cで した! 非常に低い…他の人は約35から37°Cでした。 四角い部屋では、朝食にビュッフェ式の食事が提供されたので、好きなものを選ぶことができました。J 今回は日本についてのオリエンテーションがあり、魔法の言葉を使って日本でうまくやる方法を知るために、東京に行きます。 まあ、魔法の言葉は日本の日常生活でよく使われる言葉です。 そうそう、昨日来たニュージーランドの学生が来たことで、今日にはすべての学生がすでに到着しました。 オリエンテーションの後、私たちはバスに乗っている他の国の学生と交流します。以前は、各国の生徒が国ごとに同じバスに乗っていました。ただし、今回は各国の学生が混じって乗ります。だからバスには、各国からの子供たちが溶け込んでいた。私はCM(カントリーミックス)バス10に乗りました。私と同じバスには他に3人のインドネシア人学生がいた。すべての学生がバランスよく配置されているように見えました。カントリーミックスバスの合計は14バスでした。さて、オーストラリアの参加者は非常に多いため(合計240人)、そのうち60人だけがカントリーミックスに配布されました。残りはいわゆる「日本経験あり」のバスに乗っていたので、他の国の学生と混ざることはありませんでした。その上、彼らが通過したルートは異なっていた。彼らは京都に行かず、広島に直接向かいました。いくつかの観光地を訪問しない他、ホテルも異なります。 「Experienced Japan」プログラムは、日本語を話すことができる、あるいは日本に来たことがあるオーストラリアの学生向けでした。 私のバスCM 10には、大島さんとあさぎさんという2人の日本人ボランティアがいました。 また、ツアーガイドは晴海さんと桃さんです。 うわー、この人達はとてもおかしくて陽気でした。 晴海さんはツアーガイドで、日本と私たちが通った道について喜んで説明してくれました。 途中で、彼女は立ち上がって説明することをいとわなかった。 東京駅に行く前に、私たちのバスはスーパーマーケットに停車しました。 おやおや? スーパーマーケットの名前は「PASAR」(インドネシア語で市場を表す)です! それを所有しているのはインドネシア人かな? へへ。 その後、東京駅に行きました。 京都行きの新幹線を利用するため、駅に行きました!新幹線のスピードは時速300㎞にも達し、世界最速の電車の1つです! 最近、私はインドネシアの新聞を読んで、2020年に時速500kmの新幹線ができる予定だと知りました。想像だに出来ません。 国際的な世界では、この列車は通常「弾丸列車」と呼ばれます。なぜかなあ。列車の先端には弾丸のようなものがあるのと、おそらくその速度も理由です。 東京から京都までの距離は約600 kmで、ジャカルタとジョグジャカルタ間の距離とほぼ同じです。 そして、2時間以内に到着します。 駅に向かう途中、晴海さんはディズニーランドと東京タワーを通り過ぎると言いました。 見たかった!! 東京駅前 その朝は本当にラッシュアワーだったようでした。路上にたくさんの人がいたからでした。 駅に入ってしばらくたつと、ついに新幹線が来ました…遠くから… … Continued

日本に到着

posted in: 日本語 | 0

2009年12月3日 06:30成田空港に到着 6時間以上の楽しいフライトの後、ようやく成田空港に到着しました。 成田空港は東京近郊の千葉県にあります。 スカルノハッタ空港はジャカルタにあると思うのと同じように、成田空港は東京にあるとよく考えられますが、実際はそうではありません。 私も実は来る前はそう考えていました。へへへ。 空港では、マスクを使用する人が多くいました。 実際、最近発生した豚インフルエンザの流行が日本では非常に懸念されていました。 それに加えて、冬の始まりだったので、何人かの人々は風邪をひいた。 日本では、風邪をひいている人や気分が悪い人は、マスクを使うよう推奨されていました。 以前、インドネシアでは、豚インフルエンザまたはインフルエンザウイルスの感染リスクを減らすことが日本政府からの要件としてあったため、インフルエンザワクチンを接種しました。 さらに、プログラム中には多くのマスクも提供されました。 空港では、日本人ボランティアと日本旅行局(JTB)のツアーガイドに案内されました。これらの人々は本当にプロフェッショナルでした。ボランティアはとてもクールなJENESYSコートジャケットを使用しました。 > o < 空港から、マロウド成田インターナショナルホテルに行きました。私たちはそこに1日滞在し、翌日は京都に行きます。おたのしみい!!空港の外で、冷たい空気がすぐに私の顔に当たりました。インドネシアからは2つのバスに、それぞれ66人がいました。 INAバス2に乗りました。2人のボランティアの方々すだそうさんとみゆきさん、2人のツアーガイド、ゆかりさんと、すいません忘れました・・・に案内されました。さて、エキサイティングなものがありました!みゆきさんは2007年にインドネシアへのAFSSに参加していたことを知りました。彼女はスマランに派遣され、彼女のインドネシアの「バハサ」はすばらしかったです。よかった!彼女は少しジャワ語を話すことができました。インドネシア人の私でさえジャワ語を話せませんでした(笑)。ホテルに向かう途中で、イチョウやもみじのような色とりどりの木がたくさん見えました!!銀杏が好きです!すでに冬の始まりでしたが、まだ秋の名残を見ることができたことが判明しました…冬と比較して、私は秋が好きです。秋の愛… 最後に、マロウド成田インターナショナルホテルに到着しました。 なんて素晴らしいホテルでしょう! 私の部屋は4階にありました。 ルームメイトを得た、彼女の名前はフリダです。 日本のトイレにまつわる噂は本当であることが判明しました。 トイレには多くのボタンがあり、前面と背面にボタンがあり、水は温水または冷水に設定することもできました。 日本のトイレ さて、日本では本当にゲストはいたせりつくせりでした。 しかし、私はまだ水道水を飲もうとはしませんでした。 のどが渇いたので、ホテルのミニマーケットでミネラルウォーターを買いました。 そして、価格は… 105円、本当に高い! およそ1万ルピアでした。 一番安い価格でも100円でした。 インドネシアのロッテガムは千ルピア、ここでは100円でした! 本当に生活費が世界でもっとも高い国の1つです! 持ち物を入れてしばらく寝た後、再びメインフロアに行かなければなりませんでした。 ここで、私たちは他の国からの子供たちに会うためにメインルームに入りました。 入る前に体温をチェックしなければならなかったので、各人に5,000円のお小遣い、ジャケット、パーカー、ジェネシスのセーターが配られました。 このモデルは本当にクールで、日本のボランティアが使用したものに似ていました。 色は青でしたが、日本人ボランティアの色は紺でした。 ここで私はオーストラリアとマレーシアからの学生に会いましたが、他の国からの学生はまだ到着していませんでした。 昼食時に、私たちは日本食レストランに連れて行かれました。 … Continued

日本への出発

posted in: 日本語 | 0

2009年12月2日 その日は私の日本への出発の日でした!疲れたが楽しいオリエンテーションの3日間の後です!タレントショーの準備のため、私たちは1日2時間しか寝ていませんでした。空港に向かう途中で、私は日本がこれからどうなるか想像できませんでした。インドネシアについて紹介するパワーポイントをインドネシアに作りたかったので、私はまだノートパソコンにつきっきりでした。本当に大忙しでした!テーマはインドネシアの観光に関するもので、私の国の素晴らしい風景を入れました。 私は午後13時30分に家を出ました。 私たちは午後17時に集まるように言われましたが、両親は私が渋滞に巻き込まれるのを心配して、早く行くように私に言いました。 そして…私は一時間半前の午後3時30分に到着しました! ボゴールから空港までの道は渋滞が予想されていあtのに、実際は完全にすいていることが判明した。 私たちは午後10時10分にインドネシアを出発しましたが、インドネシアのAFSのオーガナイザーであるBina Antarbudaya(異文化間開発庁)は、チェックしたいことがたくさんあるので、早めに来てほしいと頼んできました。 さらに、私を含めて、ホストファミリーになるのが誰なのかまだわからない学生もいました。 まあ、私はとても興味があったと同時に、心配していました。 私のホストファミリーは誰だろう? 彼らは私に親切でしょうか? 夕方、ようやくプレースメントペーパーが渡されました。 ついにできた! 論文には、ホストファミリーのメンバーの名前が含まれていました。 私は、大阪の中心から200 km離れた鳥取市に配置されました。 私のホストファミリーは、おとうさん(お父さん)とおかあさん(お母さん)の2人だけでした。 実際には彼らには2人の子供がいましたが、彼らはすでに大人だったので、彼らはもう両親と一緒に住んでいませんでした。 日本では、家族は1つの家に住んでいる人だけです。 私が驚いたのは、おとうさんが会社の社長だということです! うわー! おかあさんは料理が趣味の主婦です。 まあ、それは私の趣味と合っていて都合が良かった。私の趣味は食べること… hehehe。 その上、私はタイからの学生との同じホストファミリーに配置されたことが判明しました。 1人のホストファミリーが2人の子供の面倒を見るということです。 一部の学生は三人まとめて一つの家に配置されましたが、これには教師もいました。 それでは、JENESYSプログラムについて簡単に説明します。 JENESYS(学生と青少年のための日東交流ネットワーク)集中プログラムは、高校生向けの日本への2週間の学生交換プログラムでした。 このプログラムの期間は5年です。 今年は2007年から始まって3年目です。つまり、2012年にこのプログラムは終了しました。 予算はわずか5年分でした。 日本政府はこのプログラムの実施に莫大なお金を費やしていました。 毎年、インドネシア、マレーシア、インド、タイ、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランドの7か国から600人の学生と60人の教師が招待されました。 各国は60人の学生と6人の教師を派遣しました。 しかし、オーストラリアだけ特に240人でした。 午後8時、両親は子供と別れを告げなければなりませんでした。 空港の中でチェックインしなければならなかったからです。 私の両親は心配そうに見えました。 … Continued

Sekilas Tentang Halal dan SJH

posted in: Indonesia, Islam, Lifestyle | 0

sumber foto : http://halqid.ub.ac.id/produk-halal-jadi-kebutuhan-universal/ Semakin meningkatnya populasi muslim dunia, menyebabkan kebutuhan akan produk dan service halal meningkat. Saat ini diperkirakan populasi muslim di dunia mencapai hampir sepertiga atau 28,68% dari populasi dunia atau 2,18 miliar (muslimpopulation.com, 2017). Populasi muslim di Indonesia … Continued

Restoran Asli Jepang Halal di Indonesia

posted in: Food, Indonesia, Lifestyle | 0

Di Indonesia temen-temen bisa menemukan banyak sekali restoran-restoran jepang yang tersebar di mana-mana, dari mulai mall sampai tenda pinggir jalan yang bertuliskan “Japanese food”. Restoran-restoran tersebut ada yang otentik asli dari negeri sakura, namun ada juga yang bukan. Berikut beberapa … Continued

Slovenia bukan Slovakia

posted in: Eropa, Indonesia, Traveling | 0

Pertama kali tau ada negara bernama Slovenia, ketika dulu kuliah di farmasi ITB ada dua orang mahasiswa asal slovenia datang student exchange di ITB. Karena nama negaranya ga sepopuler Inggris atau Jerman, bahkan saya dan teman kampus ga tau bedanya … Continued

Vienna, Ibukota Negara Terindah di Eropa

posted in: Eropa, Indonesia, Traveling | 0

Mungkin di antara teman-teman yang mendengar nama negara Austria, ada yang pernah tertukar dengan Australia. Ternyata gak cuma teman-teman aja, media di Indonesia beberapa kali tertukar antara Austria dan Australia. Contohnya soal asal ibu Luna Maya, beberapa media menulis Australia, … Continued